「会社内には知的財産の相談相手がいない」と、一人でお悩みの方を支える勉強会

知泉会の勉強会は大きく分けて2種類あります。

一つは、毎回奇数月に開催する定例勉強会です。ここでは未来を見据えたスケールの大きなテーマや、知的財産に関わる最新の事件や動きといったトピックスをテーマに知見を広めることを目的として実施しています。

もう一つは、偶数月に開催するひとり知財サポートです。ここでは「社内に知的財産のことで相談する人がいない」というお悩みの方を支援する勉強会です。実務的なテーマを扱い、講義形式ではない少人数による“距離の近い”勉強会です。

 勉強会テーマとは異なる分野であっても、具体的な実務のお悩み・質問に何でもお答えする場でもあります。

 

【今後の予定】

 

ひとり知財サポート

2016年10月4日(火)18:30-20:00

「特許情報プラットフォームを活用した実践的な特許調査2(事前課題検討)」

講師 : 小島博美(キヤノン株式会社所属・知泉会役員)

場所 : 発明会館 7階研修ルーム横の知財ラウンジ

定員 : 先着10名 (知泉会の会員以外でも無料で参加可能です)

前回に引き続き、特許情報プラットフォーム(J-Plat Pat)を使用した

特許調査の2回目です。

今回は事前に各自で課題の特許調査を行って頂き、

その結果を発表しあいながら議論する実践形式の勉強会です。

 

 

定例勉強会

1115日(火)18:3020:00セミナー

       20:0021:00懇親会

講師:木戸弁理士事務所 所長弁理士 木戸基文氏

http://www.kidoben.com/about/

先生が西武信用金庫さんとの協力により実施している

知財による地域活性化の実例紹介です。

大学で農学を専攻され、広島市役所で農産物のブランド化を担当されていた

経験から弁理士に転身し、地域の活性化に尽力されている先生です。

食品関係の知財に詳しい先生です。