「会社内には知的財産の相談相手がいない」と、一人でお悩みの方を支える勉強会

【写真の出所】経済産業省、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示4.0 国際

知泉会の勉強会は大きく分けて2種類あります。

一つは、毎回奇数月に開催する知泉会セミナーです。ここでは未来を見据えたスケールの大きなテーマや、知的財産に関わる最新の事件や動きといったトピックスをテーマに知見を広めることを目的として実施しています。

もう一つは、偶数月に開催するひとり知財サポートです。ここでは「社内に知的財産のことで相談する人がいない」というお悩みの方を支援する勉強会です。実務的なテーマを扱い、講義形式ではない少人数による“距離の近い”勉強会です。

 勉強会テーマとは異なる分野であっても、具体的な実務のお悩み・質問に何でもお答えする場でもあります。

 

 ~今後の予定~

 

【知泉会セミナー】

★ 2017年5月9日(火)18:30-20:00
「ひらめきから発明へ、発明から製品化へ」
~キヤノン インクジェット開発者が語る“イノベーションに必要な力”~

講師:中島一浩様 (キヤノン株式会社 インクジェットコンポーネント開発センター 主席)
場所:発明会館 7階研修ルーム
定員:先着30名(知泉会の会員以外でも初回は無料で参加可能です)

 昨今、イノベーションを起こす革新的なアイデアの創出が注目されています。しかし、アイデアが革新的になればなるほど、イノベーションの実現までには数多くの障壁を乗り越えなくてはなりません。最初のひらめき通りには実現しない「技術の壁」、革新的アイデアに対するネガティブな反応といった「組織の壁」、そして強力な先行特許という「特許の壁」が発明者の前に立ちはだかります。こうした発明者の心を打ち砕くべく次々と現れる障壁に対峙した時、その壁を越えるための力となったのは・・・・。

 今回は、キヤノンの主力事業の一つであるインクジェットのキー技術を発明された中島一浩様にお越し頂き、アイデアが収益事業に育つまでの開発裏話をお話頂きます。

 皆様のご参加をお待ちしております。
 

【ひとり知財サポート】

★ 2017年6月6日(火)18:30-20:00

「IoT特許、AI特許の本質を学習する(3回目)」
ファシリテータ : 小島博美氏 (キヤノン株式会社所属・知泉会役員)
場所 : 発明会館 7階研修ルーム横の知財ラウンジ

定員 : 先着20名(知泉会の会員以外でも初回は無料で参加可能です)

  いまIoTとAI(人工知能)が注目を集めています。
 前回に引き続き、次の『ひとり知財サポート』では、このIoTに関する特許、AIに関する特許について、皆様と一緒に学習したいと思います。
 先日特許庁から発行された『IoT関連審査ハンドブック(審査基準)』をテキストに皆様と一緒に学習する予定にしています。
 ご興味のある皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

【問い合わせ先・申込み先】

一般社団法人 発明推進協会 研修チーム

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14 発明会館

Tel: (03) 3502-5439 Fax:03-3506-8788

メール      ka-koyama◎jiii.or.jp

(◎を@に置き換えてください)