「会社内には知的財産の相談相手がいない」と、一人でお悩みの方を支える勉強会

【写真の出所】経済産業省、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示4.0 国際

知泉会の勉強会は大きく分けて2種類あります。

一つは、毎回奇数月に開催する知泉会セミナーです。ここでは未来を見据えたスケールの大きなテーマや、知的財産に関わる最新の事件や動きといったトピックスをテーマに知見を広めることを目的として実施しています。

もう一つは、偶数月に開催するひとり知財サポートです。ここでは「社内に知的財産のことで相談する人がいない」というお悩みの方を支援する勉強会です。実務的なテーマを扱い、講義形式ではない少人数による“距離の近い”勉強会です。

 勉強会テーマとは異なる分野であっても、具体的な実務のお悩み・質問に何でもお答えする場でもあります。

 

 ~今後の予定~

 

 【知泉会セミナー】NEW!!

★ 2018年1月15日(月)18:30-20:00

 「ビジネスを強くする知的財産の本質

 

講 師 :  丸島儀一 様 弁理士  丸島特許事務所 所長  (元 キヤノン株式会社 専務取締役)

(著書に 『知的財産戦略 -技術で事業を強くするために-』(ダイヤモンド社、2011 年)、『知財、この人にきくVol.1』(社団法人発明協会、2008年)、『キヤノン特許部隊』(光文社新書、2002年)、その他、共著多数。)

場 所 : 発明会館 7階研修ルーム

定 員 : 先着30名(知泉会の会員以外でも初回は無料で参加可能です)

 

  1月15日は、知的財産分野におけるレジェンド丸島儀一先生にご講演いただきます。
 丸島様がキヤノンの特許部門に配属された当時、特許業務に従事される人は2人しかいませんでした。
 丸島様は、社内に相談する相手はおらず、社外には現在のような充実した教育の機会もないといった手さぐりの状態で特許業務に従事されました。まさに「ひとり知財」の状況だったのです。そこから丸島様は、この組織を知財人員が600人を越える世界有数の特許部隊に育てあげられたのです。ここに至った背景には、丸島様が築いた「ビジネスを強くするために知的財産がある」という信念のもと、数々の“キヤノンの奇跡”に貢献した知的財産部門の人達による功績があったのです。
 今回は、時代が大きく変わろうとも、知財マンとして不変の考え方である「ビジネスを強くするための知的財産」について、その本質をお話し頂きます。


 皆様のご参加をお待ちしております。
 

 

  

【ひとり知財サポート】NEW!!

★ 2017年12月5日(火)18:30-20:00

中国企業にライセンスする際の問題点事例紹介とその解決策」

 

ファシリテーター : 富岡 康充 様    有限会社オフィス富岡 代表取締役社長

ゲスト       : 龍 偉 様 中国弁理士 北京尚誠知識産権代理有限公司日本オフィス代表

 

場 所 : 発明会館 7階研修ルーム横の知財ラウンジ

定 員 : 先着20名(知泉会の会員以外でも初回は無料で参加可能です)

  今回は、2017年11月7日(火)の白洲一新先生によるご講演「中国企業への技術の取扱い」を踏まえて、皆で具体的事例に基づきディスカッションします。

 ファシリテーターの富岡様には、日本企業が保有する中国特許権を中国企業にライセンスする際の問題点について具体的事例を解説して頂きます。その具体的事例に基づき、その問題点と解決策に関して、皆様と議論していきたいと思います。

 

※ 白洲先生のご講演に参加されなかった方でも参加できますように「ひとり知財サポート」では、その解説も行いますので、皆様の参加をお待ちしています。

 

 皆様のご参加をお待ちしております。 

 

 

【今後の予定】

★ 2018年3月6日(火)18:30-20:00

  「米国特許出願を突然指示されたら?」

 講師:中村合同特許法律事務所 パートナー 弁理士 服部 博信 様

 

2018年3月13日(火)3月の共催セミナー 

 玉田 俊平太 先生 を予定しています。

「(講演内容は近日掲載予定)」

 

工場見学会「川崎モデルの成功事例企業」(仮題)

株式会社末吉ネームプレート製作所 様 を訪問予定です。

http://www.sueyoshi.co.jp/

(日程は随時掲載致します。)

 

 

【問い合わせ先・申込み先】

一般社団法人 発明推進協会 研修チーム

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14 発明会館

Tel: (03) 3502-5439 Fax:03-3506-8788

メール      ka-koyama◎jiii.or.jp

(◎を@に置き換えてください)